基本性能

木でつくる住まい

プライム住建の住まいづくり

付加価値ある「理想の住まいづくり」

『地震に強く、人と地球にやさしく、夏は涼しく冬はあたたかい』

私たちは、木でつくる住まいの良さを活かしながら、住まいに求められる4つの要素「安心・安全性」「耐久性」「快適性」「デザイン性」をベースに住まいづくりをご提案します。

木の良さを、究極まで高め、100年住宅を可能にする構造が、資産価値の高い住まいづくりを実現しています。

01

安心・安全性 - Safety -

基 礎

基礎は地震に強い建物をつくるうえで重要な部分です。独自の基礎で地震による被害から住む人をしっかりと守ります。

  • 圧縮・引張に強い連続布基礎
  • 耐震コーナーベース
  • 安心の強度設定
構 造

土台と柱、柱と桁、梁との接合は、プレセッターSU金物やドリフトピンなどを組み合わせてガッチリと接合します。集成材の⽋き込みも最小限に抑えられるので、あらゆる方向からの力に強い仕口を実現しさらなる安心構造でくらしを守ります。

  • YSストロングフレーム工法(PIN工法)
  • 壁倍率2.5倍の体力面材「タイガーEXハイパー」
  • 根太レス工法
  • 地盤調査、地盤改良工事
  • 現場カメラで現場の見える化
耐火性

内部火災が発生しても外には出さず、隣家に火災が発生してもらい火を防ぐ優れた耐火性が、住む人と近隣の方々に安心感を与えます。

  • 省令準耐火構造
  • 石膏ボード下地

02

快適性 - Comfortable -

気密・断熱性

快適で温度差のストレスのない家に住むと、室内温度差からくる病気も起こりにくく、一年を通して健康に暮らせます。

  • 高気密・高断熱部材
  • 基礎断熱
  • 高性能樹脂サッシ
     YKKAP:APW430(トリプルガラス)
健康配慮

建材などに含まれるホルムアルデヒドなどの有害物質対策として、健康に配慮されている部材のみを使用。健康快適な室内環境を常に考え、安全な住まいをご提供します。

  • 24時間換気(第一種換気)
     第四世代ダクトレス熱交換換気システム
     「パッシブファン」採用
防音性

不快な音は、精神的にも悪影響です。そこで特に室内での上階からの音を軽減し、暮らしやすさに配慮しています。

  • 防振・天井プラ吊木

03

耐久性 - Durability -

湿気・腐朽を防ぐ

床下の湿気、建物内や壁内の結露、それにともなった腐朽菌やシロアリの発生を防ぎ、長持ちする住まいをつくることが大切です。

  • 防湿コンクリート
  • 防腐・防蟻処理
  • 通気層工法
長く暮らせる住まい

住む人が安心して、長く暮らせる住まいを実現させるために、建物の部材をひとつひとつ厳選し、さらにその性能を高める技術によって実現します。

  • 集成材・KD材(乾燥材)
  • 15年保証屋根材
  • バルコニーの防水対策
  • 雨漏り防止
  • 外壁下地の防水対策
  • メンテナンス対策
    (床下点検口・天井点検口)

04

デザイン性 - Design -

デザイン性

プランニングはもちろん、外観・内観のデザイン、インテリアなど暮らしのデザインイメージをカタチにするお手伝いをしています。

  • フリープランニング
  • 動線の良い住空間提案

新在来木造構法

木造軸組み工法をさらに進化させたテクノロジー

新在来木造構法は、..

日本古来の在来工法の良さを活かし、断熱材の性能を充分に発揮させた工法で、建物全体に均一な温度環境をつくり、小さなエネルギーでの全室冷暖房が可能になります。

かつての隙間だらけの建物では、...

どんなに断熱材を厚くしても冷たい空気が室内をながれているため、室内の暖められた空気が壁内に入り込み結露し、その結露水が木材の腐朽をもたらしていました。

そこで、..

壁内に気流止めを施し、防湿気密シートで壁内結露を防止。さらに、通気層工法により壁内は乾燥状態が保たれ充填たれたウレタンフォームの断熱効果を大いに発揮させます。

ウレタンフォームは、..

水で発泡する断熱材。温室効果の大きいフロンガスを使わず水を使って現場で発泡させる断熱材。水を含むポリオールとイソシアネートを混合することで発生する炭酸ガスを発泡剤として使用する「人と地球にやさしい」硬質ウレタンフォーム素材です。

新在来木造構法は、熱や水蒸気を科学的にコントロールすることにより、壁内結露せず、木材が腐らない100年寿命の建物をつくる工法なのです。

pickup建てた後の安心
完成引渡保証Ⅰ

万が一工事中に弊社が倒産した場合でも第三者機関にて完成引渡しまで行います。一定の条件をクリアした会社しか入ることのできない保証です。

完成引渡保証Ⅱ

工事前に地盤調査を行い、軟弱な地盤と判断された場合は、設計書に基づき改良工事を行い保証します。保証期間中に不同沈下による建物の損害があった場合、補償を受けることが出来ます。

完成引渡保証Ⅲ

引渡後、6ヶ月・1年・2年の合計3回の定期点検を行います。各部位ごと、お施主様立ち合いの元行わせていただいています。気になる箇所が出来た際には即時対応致します。

10年保証と住宅瑕疵担保責任保険

平成12年4月施工の「住宅品質確保法」に基づき、売主および請負人に対し、10年間の瑕疵担保責任を負うことが義務付けられています。また、その責任を履行実現のため、裏付けとなる資力確保を義務化する新たな法律「住宅瑕疵担保履行法」が平成21年10月1日以降引渡された新築住宅すべてに適用となりました。

プライム住建では、 住宅瑕疵担保責任保険『まもりすまい保険』に加入しておりますので、10年間の瑕疵担保責任をしっかりとフォローします。『まもりすまい保険』は(財)住宅保証機構が提供する保険です。保険への加入にあたっては、1棟1棟工事中の現場検査が行われますので、安心の品質確保がなされています

住宅設備の延長保証

保証期間は引き渡しから10年。充実保証!

プライム住建では、建物とは別に住宅設備もしっかりと保証します。

キッチンや浴室などの住宅設備機器に付帯されている通常の1年のメーカー保証をさらに延長することが出来るサービスです。設備機器に不具合(自然故障)が発生した場合、補償対象の故障であれば無償で修理対応致します。